平成31年
 第1回定例市会 2月議会
平成31年度神戸市当初予算案
 予算特別委員会[意見表明]
 自由民主党神戸市会議員団は、平成31年度神戸市各会計予算案並びに関連議案、合計59議案について、以下の理由により、要望22件を付して承認します。また、「予算第1号議案 平成31年度神戸市一般会計予算」等の編成替えを求める動議については、反対します。
平成31年3月7日
自由民主党神戸市会議員団

「理由」

 平成31年度予算案は、阪神淡路大震災から25年目を迎える節目の予算として、新たな政策展開に積極的に取り組むものとなっています。これは、本市の重要課題である人口減少を克服するための子育て・教育環境の充実に重点をおきつつ、神戸経済の活性化のための雇用の創出や、福祉・医療・防災などの充実、都心再整備などまちの魅力や環境への取り組みが反映されているものであり評価します。  また、これまでの行財政改革により、財政健全化指標は着実に改善しているものの、少子超高齢化の進展に伴う社会保障費の増大は避けられず、将来世代に負担を残さないためにも、引き続き「神戸市行財政改革2020」の目標の達成に向けて、全力で取り組み、安定的な財政基盤を構築していくことを期待し、平成31年度神戸市各会計予算案並びに関連議案を承認します。

「要望事項」

(1)
神戸空港については、発着枠の拡大、運航時間の規制緩和、及び国際線定期便の運航が可能となるよう関係先に強く要望すること。
(2)
国際戦略港湾としての競争力強化のため、コンテナターミナルのAI化やIoT技術の導入を積極的に進めること。
(3)
コンテナヤードの慢性的な渋滞については、海上コンテナ車ドライバーの待機時間短縮のための実効的な施策を早期に実施すること。
(4)
本市のスポーツ振興のため、女子サッカー用のスタジアムを整備し、他のスポーツにも使用できるようにすること。
(5)
北神急行電鉄株式会社の市営化については、市営地下鉄の既存路線との距離当たり運賃格差が出ないように取り組むこと。
(6)
神戸電鉄粟生線の上下分離については、北区、西区の全体的な運賃低減につなげるために積極的に推進すること。
(7)
高校生の通学費補助については、全市への取り組みとすること。
(8)
介護人材の確保については、事業所自身の努力を促すとともに、幅広い意見を集約し、施策にいかすこと。
(9)
防潮鉄扉の閉鎖については、東灘防災自治会という書面上の団体を通して閉鎖指令を出している現状を、早急に改めること。
(10)
シルバー人材センターの年齢制限を緩和し柔軟な対応により、高齢者の就労希望者のニーズに応えること。
(11)
生田文化会館に関しては、体育機能とカルチャーセンター機能を残した上で整備計画を練ること。
(12)
図書館については新設されるものも含め、「こどもと一緒に楽しめる」図書館を目指し、機能の充実を図ること。
(13)
慢性的に渋滞が発生する道路および交差点については、市民の安心安全確保の観点から、早急に抜本的な対策を行うこと。
(14)
都市計画決定済の道路については、早期の完成を目指すこと。
(15)
老朽化した大型道路標識について、深刻な事故・被害を防ぐためにも、建替更新を加速化させること。
(16)
王子動物園においては、繁殖が円滑に出来るように、新たなパンダやコアラの受け入れについて、積極的に海外等と交渉を進めること。
(17)
過密化している学校園については、生徒の教育環境改善のため、早急に対策を行うこと。
(18)
学校スクールサポーターの柔軟な活用を行うこと。
(19)
就学前児童および小学生のフッ化物洗口については、更に積極的に推進および検討すること。
(20)
垂水体育館跡地及び垂水養護学校跡地に整備される総合病院の誘致に際しては、歯科口腔外科を備えることを公募条件等とすること。
(21)
特別支援学級の生徒が多い学校に関しては、担当教員の加配を行うこと。
(22)
外国人の国民健康保険や生活保護については、実態に即した改善を行うべく、政策展開するよう国に働き掛けること。


市会情報一覧に戻る